「感動」2021年の抱負

公表の機会が少し遅れてしまいましたが、2021年の抱負は「感動」(かんどう)にしました。

文字通り「感動」をお届けしたり、コラボレーションする皆さんと一緒に「感動」したり、そんな1年にしたいと思い抱負としました。


ちなみに、昨年は「整離」という造語にし「整えて離れる」という意味でした。別の機会に詳しくお伝えしたいと思いますが、新卒から過ごした大手企業は「守破離」の場だなぁという考えがあり、2020年は「守破離」の離ということで家元を離れる、つまり、26年間勤めた企業を退職するという年でした。退職に向けて自分の気持ちや家族の気持ち、退職後の環境を整えることを実現しました。


激動の2021年の抱負「感動」について、こんなことを考えています。


「感情を動かす」

コロナ禍によるStay Homeによって行動が狭くなったことで、感情が動くことも少なくなっているのではないでしょうか? 私も本当はリアルな場を共有し触れ合いながら過ごしたいと思っていますが、今は難しい時でもあります。一方でオンラインを通じても私のようなEQの専門家をはじめ感情を動かすことができる場を作れる人たちがいます。

これからワクチン投与が進むなど状況は変化していくと思いますが、「感情を動かす」場をリアルとオンラインを上手に融合しながら作っていきたいと思います。


また「感情を動かす」といえば、やはりアートの力だと思います。音楽、絵画、彫刻など芸術活動やアーティストの皆さんともコラボレーションを通じて芸術思考学会理事の一人として「感情を動かす」活動をしていきます。


「感じて行動する」

ついつい私たちは、「考えて行動」しがちです。

考えている間に時間が過ぎてしまったり、考えているだけで行動に移せなかったり・・・といった経験はないでしょうか?

EQを学んでいて気づいたことがあります。「人は心が原動力」「感情で行動する」ということです。感情がアクセルだとすると思考はブレーキだと思います。感じるままに行動していると思わぬ落とし穴にハマることもあるでしょう。ときには、思考を働かせブレーキをかけて一旦考えてから行動することも大切だと思います。

一方で考えてばかりいては、なかなか行動に移せません。2020年はStay Homeで考える時間が十分に取れました。今年は、「感じて行動する」ことを大切にし実践する年にしたいと思います。


TH design 代表 三森

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示